東京五輪のスケートボードの女子パークで金メダルを獲得した四十住さくら選手(19)が24日、地元の和歌山県の仁坂吉伸知事を表敬訪問した。オープンカーで県庁に登場した四十住選手は「(金メダル獲得で)和歌山の人たちに恩返しができて良かった。3年後のパリ五輪も連覇を目指したい」と語った。

 以前は神戸市などの練習場に通っていたが昨年、自宅がある岩出市の酒造会社「吉村秀雄商店」から空き倉庫の無償提供を受け、倉庫を改修した練習場で鍛錬を重ねてきた。仁坂知事は「(野球漫画の)『巨人の星』と違ってスケートボードは楽しそう。四十住選手の活躍で印象が変わった」とたたえた。