菅義偉首相は24日の自民党役員会で、同日開幕の東京パラリンピックについて「五輪の経験を生かして新型コロナウイルスの感染対策やセキュリティー対策を徹底する」と述べた。

 同時に「障害がある方もない方も互いに助け合う共生社会の実現や心のバリアフリーを世界に伝えたい」と語った。