24日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸し、前日終値に比べた上げ幅が一時300円を超えた。前日の米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が続伸した流れを引き継ぎ、買い注文が優勢となった。

 午前終値は前日終値比269円19銭高の2万7763円43銭。東証株価指数(TOPIX)は19・68ポイント高の1934・82。

 米国市場では、23日に米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが正式承認されたことを受け、経済回復が順調に進むとの期待感が高まった。ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、最高値を更新した。