特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関わったとされる一般市民襲撃4事件で、殺人と組織犯罪処罰法違反(組織的な殺人未遂)などの罪に問われた会トップの総裁野村悟被告(74)らの判決公判が24日、福岡地裁で開かれた。足立勉裁判長は主文言い渡しを後回しにし、理由の朗読を始めた。厳しい刑が予想される。

 判決は、4事件全てで野村被告の関与があったと認定。直接証拠はなく、弁護側は全面的に無罪を主張。検察側の求刑は死刑で、指定暴力団トップへの極刑適用の是非も注目される。

 検察側は、ナンバー2の会長田上不美夫被告(65)には無期懲役と罰金2千万円を求刑している。