厚生労働省は23日、妊婦やその配偶者が新型コロナウイルスワクチンを希望する場合はできるだけ早く接種を受けられるよう配慮を求める事務連絡を都道府県などの自治体に出した。千葉県柏市で感染した妊婦が自宅療養中に早産し新生児が死亡したことなどを踏まえた。

 事務連絡では、予約などの場面では妊婦を優先するよう求めるほか、妊婦が接種の予約対象になっていない場合は、対象とするよう促した。国内で承認されているワクチンに関し、妊娠や胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすとの報告はないとしている。