陸上自衛隊北宇都宮駐屯地(宇都宮市)は23日、同日午前に訓練中のヘリコプターが栃木県那須烏山市内の野球場に着陸したと発表した。野球場に人はおらず、けが人は確認されていない。

 同駐屯地によると、陸自航空学校宇都宮校所属の教官と学生が搭乗し、訓練中だった。午前10時5分ごろ、コックピットにある動力伝達系統の不具合を知らせるランプが点灯し、事故を避けるため「予防着陸」の措置を取ったという。

 ヘリは午後2時20分ごろに離陸、駐屯地に戻った。