みずほ銀行は23日、一部の現金自動預払機(ATM)が一時利用できなくなる障害が起きたと発表した。正午ごろから全国で最大130台が停止し、午後1時半ごろまでに復旧したが、うち8台で現金がのみ込まれる事例があった。みずほ銀では20日にも全国の店舗窓口で一時取引ができなくなったばかりで、障害は今年6回目。再発防止と安定稼働の徹底が求められそうだ。

 みずほ銀によると、通信環境が不安定になったことが原因。ATMから現金を取り出せなくなった顧客には既に返金を済ませた。2月の障害のように、利用者が挿入した通帳やキャッシュカードがのみ込まれた事例は確認していない。