国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長が23日、東京都庁を訪れ、小池百合子知事と会談した。小池氏は24日に開幕する東京パラリンピックでIPCと連携し、選手や関係者に新型コロナウイルス対策の徹底を求め、安全安心の確保に努めていく意向を示した。

 小池氏は「世界中から素晴らしいパラリンピアンを迎えられてうれしく思う」とした上で「まずは安心安全な大会にしていくことが不可欠だ」と強調。新型コロナの感染対策をまとめた規則集「プレーブック」をアスリートらに守ってもらうことが重要だと話した。 パーソンズ会長は「警戒を緩めることなく取り組むと約束する」とした。