【ワシントン共同】バイデン米大統領は22日、イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンから米国民やアフガン人らを退避させる米軍の作戦を進めるため、首都カブールの空港周辺に「安全地帯」を設置する方向でタリバンと協議に入ったと明らかにした。「タリバンと議論を重ねている。彼らは協力的だ」と述べた。

 ホワイトハウスでの演説と記者会見で語った。退避支援に全力を挙げるバイデン氏は、群衆が殺到している空港周辺の混乱を最小限に抑えたい考え。駐留米軍の8月末の撤退完了期限については「延長は望まないが(米政権内で)議論している」と話した。