名古屋市営地下鉄で22日、駅員らがサッカーJ1名古屋グランパスとのコラボTシャツを着て勤務した。名古屋市営交通100周年とグランパス創立30周年の合同記念企画で、この日の豊田スタジアム(愛知県豊田市)でのグランパス戦を盛り上げた。名古屋市によると、名古屋市営地下鉄で駅員が制服ではなくTシャツで働くのは初めて。

 名古屋駅では白地に赤色のラインが入ったTシャツを着た駅員が改札やホームで乗客を案内。いつもと違う姿に乗客らは不思議そうな目を向けていた。市によると、会員制交流サイト(SNS)では「驚いた」「街にグランパスが浸透してうれしい」といった反応があった。