東京パラリンピックから正式競技に採用されたテコンドー女子58キロ超級の太田渉子(ソフトバンク)が22日、メインプレスセンターで記者会見し「世界中の方が新競技の初代チャンピオンが誰になるかというところを楽しみにしていると思うので、私も全力で挑戦していきたい」と抱負を語った。

 冬季パラのノルディックスキーでメダル獲得経験がある32歳。夏季大会は初出場となり「この舞台のためにさまざま挑戦を続けてきたので、ようやく立てるということでわくわくしている」と心境を口にした。

 新型コロナ禍での開催に「この舞台を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱい」と話した。