西村康稔経済再生担当相は22日のNHK番組で、新型コロナウイルスの感染者急増を巡り、体育館など広い場所を臨時の医療施設として整備したり、酸素投与が必要な患者に自宅で酸素濃縮機を使ってもらったりする対策について「必要になっているので、自治体と連携し、対応を急ぎたい」と強調した。

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は「臨時の医療施設は現在の法律でできる。国が汗をかいて、プロセスを始めてほしい」と求めた。

 西村氏は「東京では確保している病床を実際には使えていない」と指摘し、病床を運営する看護師などの人材確保策を検討しているとも説明した。