名古屋出入国在留管理局に収容中だったスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が3月に死亡した問題で、真相究明を求める学生らの団体が21日、オンラインで集会を開いた。参加者らは、入管が10日に公表した調査報告書の内容を批判、第三者による調査や監視カメラ映像の全面開示を求めた。

 学生らは、職員の危機意識や医療体制などに問題があったとする報告書を「虚偽やごまかしが多い。入管の人権侵害が引き起した犯罪に等しい」と指摘した。2週間分の映像を約2時間に編集して開示した入管の対応についても「真相を知る権利を妨害している」と問題視した。