東京五輪の陸上女子1500mで8位入賞した田中希実が20日、大阪市のヤンマーフィールド長居で行われたミドルディスタンス・サーキット大阪大会に出場した。五輪後初レースとなる1000mで2分37秒72の日本新記録を樹立し「狙っていたので無事に出せてほっとしている」と相好を崩した。

 五輪後はあいさつ回りなどで多忙な日々を過ごしながらも「1500mの通過の1000mがかなりいいタイムだったので、公認記録もつくりたい」と普段は走る機会が少ない非五輪種目に出場。「(レースの)規模に関係なくしっかり走りたい」と高い意識を崩すことなく、自慢のスパートを披露した。