南からの暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、21日も九州北部や四国で雷を伴った局地的、断続的な激しい雨、九州南部で雷や竜巻などの激しい突風の恐れがあり、気象庁は20日、災害に警戒を呼び掛けた。

 また20日午後9時にフィリピンの東を進む熱帯低気圧が台風12号に変わったと発表。22日ごろにかけて沖縄に接近後、九州に接近・上陸する恐れがあり、引き続き災害警戒が必要になりそうだ。

 気象庁によると、21日夕方までの24時間予想降水量は、いずれも多い場所で四国の太平洋側150ミリ、長崎県120ミリ。

 21日午前0時現在、台風12号は時速約20キロで北北西へ進んだ。