三重は上山が完封した。7安打を許しながらも、伸びのある直球と鋭い変化球を低めに集めて、要所を締めた。打線は二回に宝田の犠飛で1点を先制。四回には上山の適時打で1点を加えた。

 樟南は九回を除き、毎回出塁した。再三、好機をつくったが、攻めきれなかった。辛抱強く投げていた西田を援護できなかった。