政治団体・大阪維新の会は19日、庁舎への家庭用サウナ持ち込み問題などによる冨田裕樹前大阪府池田市長(45)の辞職に伴う市長選(22日告示、29日投開票)で、維新所属の滝沢智子元市議(40)を公認すると発表した。

 維新は2019年4月の市長選で冨田氏を公認した責任を踏まえ、前代表の松井一郎大阪市長が当初擁立に否定的な考えを示すなど対応が注目された。今回の市長選は出直しで再選を狙う冨田氏も出馬予定で混戦模様。次期衆院選を前に、松井氏が代表を務める日本維新の会の勢いを占う試金石になりそうだ。