【ワシントン共同】米主要メディアは16日、バイデン米政権が国民に新型コロナワクチンの3回目の接種を勧める方針を決めたと一斉に報じた。2回目完了から8カ月後が目安。早期に2回目を受けた高齢者施設の入所者や医療従事者らを対象に、早ければ9月半ばにも始まるとしている。

 デルタ株感染者の急増や、接種がいち早く進むイスラエルで高齢者の重症化予防効果が低下しているなどの報告を踏まえた。日本にも影響しそうだ。

 3回目への採用が有力視されるファイザーは16日、2回目から8~9カ月後の接種で抗体量が大幅に増えたとの、初期臨床試験結果を食品医薬品局に提出したと発表した。