神奈川県平塚市は9日、東京五輪の事前キャンプで同市を訪れているリトアニア代表の競泳選手が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったが、再検査では陰性と判明したと発表した。県の宿泊療養施設で隔離し、10日の検査で確定する。

 市によると、選手は30代男性で、競泳チームの他の選手やコーチと共に7日、羽田空港に到着。空港検疫では陰性だった。8日午前にホテルでPCR検査を受けた後、プールで練習し、9日午前に陽性と判明。同日午後に医療機関で再検査を受けていた。濃厚接触者の有無は確認中。

 選手らは感染防止のため、練習施設とホテルの往復には専用車両を使用している。