東京五輪で初採用される空手の日本代表が9日、オンラインで記者会見を開き、形男子で圧倒的優勝候補の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)は「稽古と同じような形を見せられれば、優勝につながる。力を出し切り、感謝の気持ちを表現する」と意気込みを語った。

 空手は次回パリ五輪では行われず、最初で最後となる可能性がある。世界選手権3連覇中の第一人者は「次世代の子どもたちに、夢や目標を持たせるきっかけにできれば」との思いも語った。形女子で元世界女王の清水希容(ミキハウス)は「空手人生の全てをぶつける」と金メダルへの意欲を示した。