第103回全国高校野球選手権大会の出場を懸けた地方大会は9日、各地で行われ、秋田では、2018年夏の甲子園大会で準優勝した金足農が由利工を3―0で下し、初戦を突破した。

 鹿児島では神村学園が3回戦に進んだ。