韓国の国会議員でつくる韓日議員連盟(金振杓会長)の幹部が、14、15両日の日程で来日する方向で調整していることが9日、分かった。日本側の日韓議員連盟(額賀福志郎会長)幹部と会合を開き、東京五輪・パラリンピックでの日韓協力について議論し、元徴用工訴訟問題などで冷え込んだ日韓関係の改善策を探る見通しだ。自民党の二階俊博幹事長や加藤勝信官房長官との会談も調整している。複数の議連関係者が明らかにした。

 日韓関係を巡っては、文在寅大統領が23日の東京五輪開会式に合わせて来日するかどうかが焦点になっている。議連会合には文氏来日に向けた環境整備を図る狙いがありそうだ。