千葉県八街市で下校中の小学生5人が大型トラックにはねられ死傷した事故で、交通安全を担当する坂本哲志1億総活躍担当相が9日、事故現場を視察した。坂本氏は視察後報道陣に、通学路の安全確保と飲酒運転の根絶を柱とした交通安全対策に関し「遅くとも8月いっぱいには、具体的な対策案を出したい」と述べた。

 坂本氏は各自治体に通知している通学路の総点検に先立って「できることから緊急対策を出したい」と述べ、各省庁に具体的な要求を出すように求めたと明かした。

 菅義偉首相は6月30日に開いた交通安全対策に関する関係閣僚会議で、安全確保の課題を洗い出すよう指示していた。