開催地の東京都に到着した東京五輪聖火リレーの点火セレモニーが9日、町田市で行われた。新型コロナの再拡大を踏まえ、都内のほぼ全域で公道走行が中止になった代わりに、ランナーたちが「トーチキス」で炎をつないだ。首都圏の会場は無観客開催が決まるなど混乱が続く中、開幕まで2週間となった大会の機運醸成につながるかは不透明だ。

 セレモニーは多目的広場「町田シバヒロ」で参加者の家族らを除き無観客で開催。ランナーは順番にステージでトーチキスをし、ポーズを取って記念撮影に応じた。

 米大リーグで活躍した上原浩治さんも登場し「メダルを目指して頑張ってほしい」とエールを送った。