大相撲名古屋場所6日目(9日・ドルフィンズアリーナ)進退を懸ける横綱白鵬は平幕北勝富士を難なくはたき込み、全勝を維持した。綱とりの大関照ノ富士は逸ノ城を一方的に寄り切って6連勝とし、無敗のトップは2人で変わらなかった。

 大関正代は琴恵光を寄り切り、連敗を3で止めて星を五分に戻した。両関脇は高安が大栄翔を突き落として3勝1敗2休。御嶽海は新小結明生に突き落とされ、2敗目を喫した。

 白鵬と照ノ富士を追う1敗は平幕琴ノ若だけとなった。