東京証券取引所は9日、来年4月に実施する市場再編で誕生するプライム、スタンダード、グロースの3市場を巡り、東証1部上場の2191社の30・3%に当たる664社が最上位のプライム市場への移行基準を満たしていないと発表した。

 東証は、基準を満たさない場合でも、改善に向けた計画の開示などを条件に、1部上場企業がプライム市場に移行できる経過措置を設ける方針。経過措置の期間は未定だが、期限までに基準を満たせなければプライムにとどまれなくなる。

 東証は9日、上場企業に3市場の上場基準を満たしているかどうかの判定結果を通知した。