政府は9日、新型コロナウイルス対策で酒類の提供停止に応じない飲食店に対し、取引金融機関から順守を働き掛けてもらうよう求める方針を撤回した。西村康稔経済再生担当相から報告を受けた加藤勝信官房長官が記者会見で明らかにした。西村氏は9日午前には要請を守っている店との不公平感を解消するのが目的として実施の意向を改めて示していたが、露骨な圧力だといった批判が噴出。方針転換を余儀なくされた。

 一方、酒類販売事業者に対する酒類提供を続ける飲食店との取引停止の要請は撤回せず、当初方針通り実施する。加藤氏は「丁寧に説明し、協力いただくよう取り組んでいきたい」と述べた。