厚生労働省は9日、団塊の世代が全員75歳以上になる2025年度に、介護職員が全国で約243万人必要になるとの推計を発表した。19年度は約211万人で、約32万人が不足していることになる。現状の人材確保ペースでは間に合っておらず、対策の強化が急務となっている。

 また高齢化がほぼピークになる40年度も初めて推計。必要職員数は約280万人に増えるとしている。

 政府は介護職員の処遇改善などで人材確保を進めている。現在の増加ペースが続くという想定で試算すると、確保できる職員数は25年度が約221万人、40年度は約215万人で、いずれも必要職員数と大きな開きがある。