気象庁は9日、梅雨前線の影響で西日本や東日本を中心に11日にかけて非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けた。これまでの雨で地盤が緩んだ場所では、今後の雨の降り方次第で災害が発生する危険度が急激に高まる恐れがあるとしている。

 同庁によると、前線は対馬海峡付近から日本の東に延び、停滞。暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定になっている。10日は日本海の低気圧が東北に接近する見込み。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。