岸信夫防衛相は9日の閣議後記者会見で、海上自衛隊が英海軍の最新鋭空母クイーン・エリザベスを中核とする空母打撃群と、アフリカ東部ソマリア沖アデン湾で海賊対処を想定した共同訓練を実施すると発表した。海自がエリザベスと訓練するのは初めて。訓練日時や参加部隊の具体的内容は明らかにしていない。

 岸氏は「英国と共に、海賊というグローバルな安全保障上の課題に対処し、海上交通の安全を確保していく意思と能力を示す」と述べた。

 日本政府関係者によると、海自からはアデン湾の海賊対処行動に派遣している護衛艦とP3C哨戒機が参加する。