和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で来園者に人気のジャイアントパンダ彩浜が9日、和歌山県警から「交通安全和歌山夢大使」を委嘱された。任期は1年間。交通安全を呼び掛けるための広報活動などに協力する。

 彩浜は2018年8月生まれの雌で、翌19年から3期続けての就任。

 パンダ舎そばの屋外運動場で式典があり、和歌山県警の川上和彦交通部長は「彩浜を夢大使に採用してから交通事故は減っている。彩浜を通し、交通安全が全国に広まることを期待している」と述べた。彩浜は誕生時の体重が75グラムと同施設生まれで最小だったが、約83キロにまで成長した。