【ヒューストン共同】トヨタ自動車は8日、米大統領選でのバイデン氏の当選認定に反対した議員に対する政治献金を停止すると発表した。米市民団体がトランプ前大統領を支持する共和党議員への多額の献金を批判しており、取引先や販売店側への影響を考慮したとみられる。

 トヨタは声明で「当社の政治活動委員会の決定が一部の利害関係者を悩ませたことを理解している」と述べた。同社はこれまで民主、共和両党の議員に献金していた。献金を停止する期間は明らかにしていない。

 市民団体の調査によると、トヨタは反対した議員38人に対し計5万6千ドル(約615万円)を献金した。