サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は8日、タシケントで東地区の1次リーグI組第5戦が行われ、川崎は大邱(韓国)に3―1で勝って5連勝で勝ち点15とし、同組1位が確定して決勝トーナメントに進出した。

 前半にレアンドロダミアンが先制。その後に追い付かれて1―1で折り返した後半にレアンドロダミアンの2得点で突き放した。2位の大邱は勝ち点9のまま。I組のもう1試合はユナイテッド・シティー(フィリピン)が北京国安(中国)に3―2で勝った。(共同)