自民党岸田派は8日、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開催した。岸田文雄前政調会長は自民党で相次ぐ政治とカネ問題を挙げ「東京都議選で自民党を見る目は大変厳しかった」と指摘。「真摯に選挙結果を分析、反省しなければならない」と述べ、次期衆院選へ懸念を示した。

 「ポスト菅」に意欲を示す岸田氏にとっては、他派閥との連携強化による支持拡大が課題。一方、衆院選では自派の候補が二階派など他派閥の候補と公認を争う選挙区があり、岸田氏の調整力が問われている。

 最大派閥・細田派の細田博之会長は「岸田派は偉大な首相や閣僚を輩出している素晴らしい政策集団だ」と持ち上げた。