阪神が逆転勝ちした。2―3の八回に梅野の適時打で追い付き、続く大山が勝ち越し3ラン。直後に山田の2ランで1点差とされたが、九回をスアレスが締めて逃げ切った。ヤクルトは八回に失策から崩れ、リードを守れなかった。