東京五輪で東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の首都圏会場が全て無観客となることが8日、決まった。大会組織委員会、東京都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の各代表による5者協議で合意した。政府は同日、東京都への緊急事態宣言再発令と、3県のまん延防止等重点措置の延長を決定。これを受け、観客を入れることを断念した。

 宮城、福島、静岡の3県の会場は「定員50%以内で最大1万人」の観客上限を維持して開催。茨城県は昼間は県内の一部中高生のみ入場を認め、夜間は無観客となった。北海道に関し、丸川珠代五輪相は「検討中」と述べた。