菅義偉首相は8日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、まん延防止等重点措置を適用中の東京都に4度目の緊急事態宣言を12日から発令すると決定した。記者会見で感染力が強いインド由来の「デルタ株」の拡大を警戒したと理由を説明した。11日が期限の沖縄県の宣言は延長。埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県の重点措置も延長する。期限は23日に開会式を迎える東京五輪期間を含めた来月22日まで。飲食店での酒類提供は原則禁止とした。

 首相は、夏休みに東京を起点とした再拡大を絶対に避けなければならないと強調し「予防的措置を講じる」と語った。