東京都は8日、新型コロナウイルスの感染者が新たに896人報告されたと発表した。今月1日と比べて223人の増加で、前週の同じ曜日を19日連続で上回り、増加傾向が深刻化。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は663・6人となり、前週比は126・9%。60代と70代の男性2人の死亡も確認された。

 政府は8日、都内を対象として12日から来月22日までの期間で4度目の緊急事態宣言発令を決定。都の担当者は年末年始の第3波を超える急増が危惧されるとして「若年、中年層の割合が増えているのは予断を許さない状況だ」と話した。