東京商工会議所は8日、会員の中小企業を対象に新型コロナウイルスワクチンの共同接種を始めた。経済活動と感染拡大防止の両立に向け、9月30日までに計2万人への接種を想定。従業員50人未満で、コロナ禍の影響が大きい飲食関連や宿泊、観光業などの事業者を優先する。

 会場は東京・丸の内の東商で、米モデルナ製のワクチンを使用。運営では東京都医師会などと連携する。会場を訪れた旅行業を営む男性は、共同接種について「非常に助かった。自由に移動できるような状態に早くなってほしい」と語った。

 東商の三村明夫会頭は8日に記者会見し「中小企業にとってワクチンは希望の星」と強調した。