ヤクルトは8日、小川泰弘投手(31)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。球団が7日に選手、監督、コーチ、スタッフ152人に実施した検査で分かった。現在は発熱と倦怠感の症状が出ているという。

 小川は6、7日に神宮球場で行われた練習に参加しており、保健所が濃厚接触者の特定を進めている。球団は球場などの消毒を済ませており、チームの活動は継続する。

 小川は3日の中日戦で1失点完投勝利を挙げるなど、ここまで7勝3敗だった。