【ソウル共同】韓国の情報機関、国家情報院は8日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記の体重が10~20キロ減ったとの見方を示した。会議を何時間も主宰し、元気に歩いていることから、健康状態には問題ないとみているという。

 国情院が非公開の国会情報委員会に報告した内容を、出席議員が明らかにした。金氏の体重減を巡っては、腕時計の革バンドの余り具合から腕が一回り細くなったとの分析もあり、理由も含め注目が集まっている。