立憲民主党の安住淳国対委員長は8日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談した。東京五輪期間中に新型コロナウイルス感染が急拡大するなど、不測の事態に対応できる備えが必要だとして、五輪開幕前に臨時国会を召集するよう求めた。森山氏は持ち帰った。

 安住氏は自民側が応じない場合、憲法53条に基づいて臨時国会召集を要求する方針も記者団に示した。「緊急事態宣言を出して国民に自粛を求めておきながら五輪を開くと言っている。国家の浮沈に関わる事態だ」と述べた。