【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症の死者が8日、世界全体で400万人を超えた。100万人増にかかった日数は82日と過去最短を更新した。被害拡大が深刻な状況は続いている。

 1週間当たりの感染者数は5月から減少傾向が続いてきたが、世界保健機関(WHO)の4日付集計では2週連続で増加に転じている。インドで最初に確認された感染力の強いデルタ株の流行が続いており、テドロスWHO事務局長は「非常に危険な時期に入っている」と懸念を示し、警戒を呼び掛けている。感染者は約1億8500万人。