内閣府の藤井比早之副大臣は8日の参院厚生労働委員会で、新型コロナウイルスワクチンの供給量に対する都道府県別の接種率に関し、1位は宮崎の67・8%で最下位は大阪の45・5%だったと公表した。上位と下位の計6都道府県を公表。2位は佐賀65・8%、3位は岐阜65・4%だった。

 低かったのは、ほかに東京都45・8%、北海道46・2%だった。残る府県を公表するかどうかは今後検討する。政府はワクチンの在庫が地域で偏在しているとみており、供給済みの分の有効活用を促したい考えだ。

 田村憲久厚労相は「供給が滞っていて大変申し訳ない」と陳謝し、状況改善を急ぐ考えを示した。