【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAのウィザーズで八村塁とチームメートのビールが7日、東京五輪米国代表の練習後にオンラインで取材に応じ「東京には前にも行ったことがあり、戻るのが楽しみ」と心待ちにした。2季連続でリーグ2位の得点力を誇る点取り屋にとって初の五輪。「夢がかなった。金メダルを持ち帰ることだけを考えている」と意気込んだ。

 セルティックスのエース、テータムは2019年ワールドカップ(W杯)で故障し、日本戦を欠場するなど2試合の出場に終わったことで「後味が悪かった。それが出場を決心した理由の一つ」と初の五輪に挑む動機を明かした。