政府は8日夕、東京都に4度目の新型コロナの緊急事態宣言を12日から発令すると決定する。11日を期限としていた沖縄県の宣言を延長。埼玉、神奈川、千葉、大阪の4府県のまん延防止等重点措置も延ばす。いずれも8月22日まで。北海道、愛知、京都、兵庫、福岡の5道府県の重点措置は、11日の期限で解除する。専門家らによる午前の基本的対処方針分科会に西村康稔経済再生担当相が政府方針を諮問し、了承を求めた。分科会は方針を了承した。

 西村氏は分科会で、政府方針について「ワクチン接種が一定程度行き渡るまで、人々の移動が活発になる夏休みやお盆の時期に人出を抑えたい」と述べた。