【ワシントン共同】トランプ前米大統領は7日、交流サイトのフェイスブック(FB)などが自身のアカウントを凍結したのは合衆国憲法修正第1条が保障する言論の自由を侵害するものだとして、FBなどIT3社を相手取り、南部フロリダ州の連邦地裁に提訴した。アカウント再開と懲罰的な賠償などを求める。米メディアが伝えた。

 訴えられたのはFBとツイッター、グーグルの3社と、その経営幹部ら。東部ニュージャージー州で記者会見したトランプ氏は、3社を相手取った集団訴訟の代表になるとした上で「検閲が違憲だと証明する。巨大ITに責任を取らせる」と主張した。