東京都の小池百合子知事は7日夜、政府が都内での新型コロナウイルスの緊急事態宣言を再発令する見通しとなったのを受けて「状況はとても厳しい」と述べ、東京五輪について「コロナ対策を進めながら安全に開かれるようにしたい」との意向を示した。都庁で報道陣の取材に答えた。

 小池氏は、過去の宣言期間中に感染者数が増加したこともあったとして、実効性を確保するために「法的な裏付けも必要になる」と指摘。西村康稔経済再生担当相と意見交換したと明らかにした上で、国と連携して効果の高い方法を検討していくとした。