ヤクルトが競り勝った。4―4の八回に途中出場の渡辺の適時二塁打で勝ち越し、一回に3ランを放っていた山田の犠飛で突き放した。5番手の清水が白星。阪神は四回に佐藤輝の2ランで追い付いたが、その後の好機を生かせなかった。