政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は7日の衆院厚生労働委員会で、現在の感染状況に関し、インド由来のデルタ株が広がっているとして、首都圏以外の地域でも感染増加の恐れがあるとした。東京五輪開催に当たって「かなり覚悟を持って対策しないと、感染拡大の懸念がある」とし、無観客などの対応を求めた。

 現状分析について「デルタ株への置き換わりが進行している。若年成人、中年層にも感染拡大の兆候が既に見られている」と強調。医療提供体制が逼迫する可能性があるとして警戒感を示した。